【激辛部】激辛ストリート 生駒軒(芝)

激辛ストリート 生駒軒(芝)

前から気になっていた芝にある激辛ストリートに行くことが出来た。

ここは飲食店でどれか1品は激辛の物を提供して 商店街の村興し的にしているとの事。

そして使用しているのは、世界一辛い唐辛子の「ブート・ジョロキア」を使用しているので、唐辛子とはちょっと違う辛さというか刺激を味わうことが出来るらしい。

ブート・ジョロキア(またはブット・ジョロキア)とは、主にバングラデシュが産地の唐辛子です。
あのハバネロの2倍、タバスコの200倍という猛烈な辛さが特徴、2007年に辛さ世界一として、ギネスの世界記録に登録されました。
ブート・ジョロキアは、辛さの主成分カプサイシンの刺激が強いため、収穫する時はゴーグルや手袋が必要と言われています。
「芝辛・激辛ストリート」のメニューは、ブート・ジョロキアを使っていますが、辛さのレベルもさまざま。お好みと勇気と体調に応じてお召し上がりください。

これは試してみなければ!

最初に行こうとしたのは「綿徳」。

ここの激辛マーボー豆腐を試してみたいと思い、お店に着くと満席・・・。

なんでもランチ時には行列ができるらしい。

ランチは安くてボリューミーらしく、普通に美味しい中華が食べられるとの事。

お店は小奇麗で会社帰りのサラリーマンで賑わっていた。

満席なので、少し時間が経てば空くかなと思い、激辛タンメンが売りの「生駒軒」に向かった。

こちらは先ほどの「綿徳」とは違く、昔ながらの雰囲気が漂う中華料理屋さん。

片側はテーブル席でもう一方は小上がりの座敷。

テーブル席は会社帰りのサラリーマンで埋まっていたので、小上がりに座った。

目的は激辛タンメンなのだが、メニューを見ていると「麻婆豆腐 激辛できます」と書いてある!

激辛は0.1~1、1~5、6~7にできるらしい。

激辛6と7は¥100-増し、¥200-増しになり、未だかつて激辛7を頼んだ人はいないとの事。

壁に貼ってあるメニューには、

  • 1・・・辛うま
  • 2・・・カッラー
  • 3・・・ヒーいたい
  • 4、5・・・キケン

と書いてあるので、店員さんに激辛4と5はどのくらいの物かを聞くと、やめておいた方がいいと・・・。

では、まずは麻婆豆腐を頼み、激辛3で様子を見ることにした。

見た目は全然辛くなさそう。

一口食べてみると、ん?うまいぞ!!

普通にうまい麻婆豆腐だ。

ん?んん?辛いのがキターーーーーーー!

後から辛さというか、唇と口の中と食道にチクチクとする痛みが充満・・・。

しかも全然納まらないこの痛み。

いっそのこと、着ている洋服を全部脱ぎ捨てて、叫びたくなるような痛み。

つかさず一緒に頼んでおいた餃子を食べるが、この餃子が熱くて熱くて更に辛さが増す。

ビールと水を交互に飲み、どうにか落ち着きを取り戻す。

また麻婆豆腐を食べると、あれ?辛くない。

普通に美味しい麻婆豆腐になっている。なんでだ??

そして餃子を食べると、辛いというか痛い!

まるで餃子が激辛餃子になったかのようだった。

落ち着くと、この麻婆豆腐、辛くないんじゃね??

と思い、目的の激辛タンメンを激辛4で頼んだ。

こちらも見た目は辛さを感じない。

しかし、スープの表面や器の縁部分を良く見てみると、ブート・ジョロキアの粉末がちらほら。

そしてスープを一口。

う、うまい!

深いコクがあり野菜の甘みも感じられる。

麺も有名な製麺所の麺を使っているらしく、美味しく、なんせタンメンとしてのバランスがいい!

スープを飲んだ後、麺をすすり、4口程食べたところで・・・。

やっべ~~~!これ辛いというか痛い!!!

しかも納まらない。

徐々に食道が痛くなり、胃が痛くなる。

誰も見ていなかったら、洋服を全部脱いでもがいている。

こりゃ、ダメだ!と思い、冷やしトマトを頼もうとするが、店員さんが居ない!

何度呼んでも居ない!!!

なんでこんな時に~~~。

厨房まで自分から行き、厨房の中にいるおばさんに冷やしトマトを頼む。

運ばれてきた冷やしトマト、今まで食べたことのないくらいのうまさと感じた。

不思議な事に汗が出るには出るが、以前行った「味覚」の方がもっとダラダラと汗だくになっていた。

単にブート・ジョロキアのみの辛さと更新料を何種類も使っている辛さでは、体の反応が違うらしい。

その後、休憩しながら食べるも、初めは旨さが勝っているのだが、4~5口目で激痛。

結局、食べ残してしまった。ごめんなさい・・・。

激辛4でこれなのだから、激辛5以上はもう食べられたものではない!

ただ、このタンメン、普通に美味しかったので、激辛にしないタンメンを食べてみたいものだ。

お店を出た後、急いでコンビニに行き、アイスを買って食べてしまった。

先ほど満席だった「綿徳」に行こうと思っていたが、今日はもう無理!

撃沈・・・。

<追伸>

翌朝の5時ぐらいに腹痛で目が覚め、トイレにこもり30分。

会社に行く前にもトイレにこもり、遅刻・・・。

会社についてからもトイレにこもり、もうお尻がジンジンと痛い。