【激辛部】中華料理 味芳斎(大門)

牛肉飯 味芳斎(大門)

仕事で大門に来たので、何か辛い物はないかな~と探していると、「味芳斎(ミホウサイ)」というお店の牛肉飯が辛いという記事があったので行ってみた。

初めは辛いマーボー豆腐がないかなと探していたのだが、このお店は牛肉飯の方が辛いらしい。

マーボー豆腐丼はランチだと¥600-! 安い!!

牛肉飯は¥1,300-とちょっとランチとしては高いが、夜は¥1,500-になるみたいだ。

お店に入るとかなり狭い。

4人掛けのテーブルが3つと壁際の席が数席。

12:00前に入れたので、まだ席はあり相席で座る。

周りを見てみると、ほとんどの人がマーボー丼を食べている。

確かに¥600-で食べれるなら人気なのが分かる!

マーボー丼にかなり惹かれたが、今回は辛いものが食べたいので牛肉飯を注文。

5分ぐらいで出てきた!

見た目は全然辛そうには見えない。

どんな味がするのか興味津々!

器の周りにはマーボー豆腐のような赤い油がにじみ出ている。

これは辛いシグナルだ!

一口食べてみると、豆板醤がベースの様な辛さが来て、次に山椒の刺激がくる!

ほっほ~、これは美味しく食べれる辛さだ!

牛肉は柔らかくてシチューのような感じ。

そう、シチューを辛くしてマーボー豆腐のようにアレンジした味と言ったら分かるだろうか。

いや、分からんよ!

自分で読み返してみても、分からん!

食べ続けると、頭皮にはうっすらと汗がにじみ出ている。

口の周りもピリピリとしてきた。

ん~~~、ただ、慣れてしまうと辛さを感じない。

美味しく食べれる辛さだわ。

食べ終わる頃には、辛さというよりかは塩っ辛さが強調されていた。

これって豆板醤を結構使っているのかな?

食べ途中にスープが運ばれてきた。

一番辛いと思ったのは、このスープを飲んだ時!

熱さと辛さが融合して、一番辛く感じた。

次はマーボー丼を試してみたい!