【パワスポ部】美人林(新潟県)

美人林(新潟県)

樹齢約100年ほどのブナの気が一面に生い茂る「美人林」に行ってきた。

四季折々、風景が異なりすべての季節を楽しむことができるらしい。

果たしてここがパワースポットなのかどうかは・・・、信じる者は救われる!

いざ足を踏み入れると、もはやパワースポットかどうかなどはどうでも良くなる!

ナビにルートをセットし走っていると、普通の田舎風景の場所に標識が出てくる。

「こんなとこにあるの?」と思ったがブナの林があるところなので、アミューズメント的な場所ではない。

そりゃそ~だ。

標識の「美人林」よりも「キョロロ」の方に興味がいってしまった。

フムフム、ここを入っていくのね。

森にちょっと入ったところにあった!

確かにブナが生い茂っているが、普通の森!?

いやいや、ここはパワースポットなのだ!

ブナの原生林って他にもあるんじゃね??

違う!ここは昔、木炭にする為にすべて伐採したが、その後、ブナが一斉に生え出したというパワーがみなぎっているところなのだ!

単にブナの種かなんかがあったからじゃね?

・・・。

止めよう、信じる者は救われる!

深呼吸をすると空気がまるで違うと感じる。

鳥のさえずりが響き渡り、カッコーが木の幹をつつく音もこだまする。

時折、そこ風が吹き葉のこすれる音が心地よい。

こんなにも心が落ち着く場所は久しぶりだ。

前に感じたのは、青森県の「奥入瀬渓流」だったなと思いだした。

見上げてみると、これまた感動。

木漏れ日が時折、目に直接入りまぶしいが、これもまた心地よい。

いつしかパワースポットということを忘れ、ブナの木々に癒されてしまった。

来ることは困難だろうが、雪が積もった風景も味わってみたいものだ。

納車後、初の温泉ドライブ(最終日)

2019.06.02