【温泉部】越後湯沢温泉 駒子の湯(新潟県)

越後湯沢温泉 駒子の湯(新潟県)

越後湯沢温泉の共同浴場の「駒子の湯」に行ってきた。

「駒子の湯」の名前は、「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」の川端康成の小説「雪国」のヒロイン「駒子」から取った名前だとか。

この辺りには、「駒子の湯」の他に「山の湯」「岩の湯」「街道の湯」「宿場の湯」の4ヵ所の共同浴場がある。

スキーシーズンにもなれば、スキー客で賑わう場所になっているのだろう。

今回は「駒子の湯」に入ったが、またの機会に他の4ヵ所にも入ってみたいものだ。

地元の人には愛されているようで、パラパラと地元の人が出入りしていた。

普通、温泉だと「入れ墨の方、お断り」の看板が多いが、「禁酒」の大きな看板。

スキーが終わった後に飲んで温泉に入る人が多いのだろうか。

共同浴場にしては、綺麗でしっかりとした施設となっている。

瓶に入ったコーラが売っていた。

昭和の感じがいいな~、風呂上りに飲んでしまおう!

こじんまりとしているが、休憩所があるのは良い。

この日は誰も居なかったので、風呂上りに寝っ転がれる!

HPより

内湯の1ヵ所のみだが、新しさがあり綺麗な浴室。

ちょっと塩素の匂いがするが、お湯はキュッキュとする感じ。

成分表を見ると、ナトリウムイオンとカルシウムイオンが突出して多い。

キュッキュとする感じはカルシウムイオンが豊富だからだろうか。

ガーラ湯沢などのスキー場に来た時には、是非とも寄りたい日帰り温泉だ。

■お湯

■施設

内湯が1ヵ所。

こじんまりとした休憩所がある。

■営業時間・料金

営業時間:10:00~21:00

料金:大人¥500-

GakiLifeの勝手な評価

名前駒子の湯
施設日帰り温泉施設
分類機会があれば行きたい。
行った日2019/09/23
場所新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢148
泉質ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
泉色透明
PH8.1
良い点スキーの後の癒しの温泉。
おすすめ度(満点:★5つ)★★☆☆☆

【ドライ部】新潟満喫ドライブの旅(最終日/3日間)

2019.09.23