【激辛部】汁なし担々麺 金蠍(神谷町)

汁なし担々麺 金蠍(神谷町)

辛い物が食べたくなったので、仕事で立ち寄った神谷町駅近くの「金蠍(キンカツ)」に行ってきた。

12:00前だというのにお店の前には4~5人ほどが並んでいる。お店の中にも並んでいた。

席はカンターだけの8席。

担々麺なので回転が速く、結構、並んでいたがそんなに待たずに座れた。

この日は店員さんが1人休んでいるらしく、汁なしと汁ありの2種類しか提供できないとの事。

辛さは1~3辛まで選べるらしく、お昼は小ライスが無料で付いてきた。

迷ったが汁なし担々麺を3辛で注文し、紙のエプロンをもらった。

並んでいる間に麺を茹でている様で、席に座ったらすぐに出てきた。

麺は平麺でちょっとだけ縮れているので、お汁とよく絡む。

触感はモチモチしていて食べごたえがある。

一口食べてみると、ゴマの風味があり甘みも強い。

辛さは控えめでコクがあり美味しいが、3辛なのに全然辛くない。

女性客が多いのは、このゴマの甘みが好まれているのかもしれない。

これでは激辛欲望が満たされないと思い、カウンターの上にあった花山椒をたっぷりとかけた。

食べた瞬間、口の中がピリピリ!これこれ、これを待っていたんだ!

ついでに目の前にあった、辛口辣油をドボドボとかけてみるが、辛さは増さない。

辛さマシマシを期待していたのだが。再度、花山椒を投入。

麺を食べ終えた後に、小ライスを投入し、マゼマゼして残ったお汁とからませる。

ついでに花山椒と辛口辣油も一緒に。

 

かなりお腹いっぱいになったが、激辛欲望は半分満たされたといったところ。

近いうちに激辛を食べないと欲望が爆発してしまうかも。

食べ終わってお店を出ても、まだ並んでいた。