【パワスポ部】諏訪大社 上社本宮(長野県)

諏訪大社 上社本宮(長野県)

日本最大のパワースポットと言われる「諏訪大社 上社本宮」に行ってきた。

ほんとか???

いやいや、疑ってしまっては何も始まらない!信じる者は救われる!

私のとっては、「日本最大のパワースポットと言われている」これだけで十分だ。

火の無い所に煙は立たない。

時間は有り余っているのだから、ちょっとでも噂が立てば行ってみるしかない!

「実際に行って自分なりに感じ取る」これが大事。

私は歴史は疎いので、諏訪大社の歴史はざっくり割愛!

諏訪大社は、

  • 上社本宮
  • 上社前宮
  • 下社秋宮
  • 下社春宮

の4つからなる神社との事。

本当は4つすべてを周った方が、パワーを十分に吸収できるのだろうが、今回はほかにも回りたいので「上社本宮」のみ。

それぞれ何かしらの意味があるのだろう。

聞いたところで、聞いた瞬間から忘れてしまうので、存在意義も割愛!

北参道の入り口の鳥居。

なんだかこれを見ただけでもご利益がありそうだ。

ここも手洗い場かと思いきや、白い湯気が出ているので手を触れてみると暖かい。

温泉が湧き出ている様だ。

この大太鼓、ものすごい存在感。

こんなにも大きな太鼓があるものかと感心してしまった。

皮の繋ぎ目がないので1枚の皮で作られている様だ。

大きさは日本一との事。

なんだかこれを見ただけでご利益がありそうだ!

ちなみにこの大太鼓、元旦の朝のみ打たれるとの事。

東参道の入り口の鳥居。

「布橋」と呼ばれる長い渡り廊下。

ここを歩いていると、気のせいか、どんどん運気が体に入ってくる気がした。

多分というか、まったくの気のせいだ!

肝心の本宮の拝殿に到着。

上の写真の左側が拝殿なのだが、なぜ北西の向きに??

山を背に拝殿が位置しているのかと想像していたが違う。

一般的な神社は、拝殿の奥に神殿があるのだが、ここは神殿がないとの事。

諏訪大社の神殿は後ろにそびえたつ「守屋山」だそうな。

しかし、それでもなぜ「守屋山」を背に拝殿が位置していないのか。

どうやら上の写真の右側の建物の裏に「硯石」があり、それを昔は拝んでいたという説もあるとかないとか。

そして拝殿は「前宮」の方角を向いて建てられたとか。

色々と調べてみたが、良く分からなかったので割愛!

お参りを済ませ帰ろうと北参道を戻ると、この風景。

なんだか背筋が伸びる感じがした。

これで当分の間のパワーは充電できたと思うことにする!

納車後、初の温泉ドライブ(1日目)

2019.05.31