【パワスポ部】伊勢神宮 外宮(三重県)

伊勢神宮 外宮(三重県)

衣食住を始め産業の守り神の「豊受大御神」が祀られており、正式名称は「豊受大神宮」に行ってきた。

伊勢神宮の外宮のしきたりは、

  • 神域に入る時に参道にかかる橋、外宮では左側通行。
  • 伊勢神宮は「紙幣禁断」と言われており、天皇陛下以外のお供えは許されていない為、お賽銭箱はない。
  • おみくじはなく、伊勢神宮にお参りすること自体が吉日。
  • 伊勢神宮では私利私欲なお願い事はしてはいけない。
  • 外宮・内宮どちらか一方だけ参拝する「片参り」は縁起が悪い。

ここまで聞くと、他の神社とは格が違うと感じてしまし、格別なパワーを授かりそうだ!

そう、信じる者は救われる!

私利私欲を捨て、清らかな心で参拝しようじゃないか!

表参道火除橋。左側通行の表示がある。

第一鳥居。なんとも厳かな雰囲気が漂っている。

「式年遷宮」という儀式で、20年に一度、社殿を造り替えている。

出雲大社では平成20年に60年ぶりに「大遷宮」と呼ばれる建て替えが行われたとの事。

豊受大神宮

「豊受大神宮」までやってきたが、隣に同じような広さの場所がある。

これが「式年遷宮」の際に建て替える場所なのか!

この場所の事を「古敷地」というらしい。

さすが伊勢神宮、第二鳥居をくぐったところまでしか行くことが出来ない。

そして撮影禁止!

お賽銭はしないとは言えども、白い布のところにはお賽銭が投げ込んである。

ついつい習慣でお賽銭を投げて、個人的な願い事をしてしまった。

三ツ石

「豊受大神宮」から「風宮」に向かう参道にある「三ツ石」。

昔は川が流れていて地震の影響で川が無くなった名残との事。

この石の上に手をかざすと温もりを感じることができ、パワースポットになっているとの事。

感受性が乏しかったのだろうか・・・、温もりを感じることが出来なかった・・・。

亀石

「三ツ石」から「風宮」に向かう橋の「亀石」。

水路にかかる橋に使われている石は、三重県下最大の横穴式古墳「高倉山古墳」の入口の石だったとの事。

っが、古墳の入り口だった石を持ってきちゃって良かったのかな?

単に平たい大きな石だけではなく、頭の部分もあり、亀の様に見える。

このアングルから見ると本当に亀さんに見える。

風宮

農業に関係の深い風と雨の順調を祈る宮であり、かつては航海安全の守護神としても崇められいた「風宮」。

こちらにも「古敷地」がある。

土宮

他の宮社とは異なり、「土宮」だけが東向きに建てられている。

「土地の守り神」として、現在の土宮の地で「土御祖社」という名前のお社でお祀りされている。

多賀宮

外宮に所属している別宮の中で、位の一番高いのが多賀宮で、外宮の中で特にパワーが強いと言われている。

「豊受大御神」の「荒御魂」がお祀りされており、「荒御魂」とは、「荒ぶった魂」とも読み、これを人の業に言い換えると「行動的・積極的な心」もしくは「欲を持つ」と解釈される。

そして「荒御魂」とは、神様の行動的な性格を現し、おだやかな側面の「和魂」に相反する存在であるとの事。

内宮では「荒祭宮」に相当。

ここだけは個人的な願いを聞き叶えてくれるとの事。

お賽銭を入れて、ありったけの願い事をしてしまった。

地蔵石

「多賀宮」のちょうど前にある「地蔵石」。

「寝地蔵さん」とも呼ばれている、お地蔵さんの形をした石。

参道が作られた時にはなかったようで、いつの間にか現れたとの事。

見る角度に寄ってはお地蔵さんに見える!

神殿の中まで見える他の神社とは違い、建物しか見ることが出来ない伊勢神宮。

そして、どこか皇居と思い出すような風景。

なんとも厳かな雰囲気に包まれての参拝で、パワースポット巡りと言うことを忘れてしまっていた。

【ドライ部】オッ3の旅:三重・和歌山ドライブ(1日目/3日間)

2020.02.22