【車部】追突事故発生!?

2020年2月24日(月) 追突事故発生

オッ3の旅で松阪からの帰り、東名高速を快適に走っていたら徐々に混み始めてきた。

前の車にならって減速しながら走っていたら、いきなり、前の車の急ブレーキ!

車間があったのでちょっと強めにブレーキを踏むも、結構キツイブレーキになり、レーダーセーフティが作動し、ブレーキにシステムが介入!

ギュギュギュっと勝手にブレーキが踏まれて停止。

まだ前の車との距離があるんだけどな~。

っと思った瞬間、後ろからドッカン!

アッチャ~、やられちゃったのね。

しかも3車線の一番右の車線か。

車から降りるとすぐに後ろの車の運転手が「すいません・・・」と近寄ってきてくれたので、こちらは「警察に連絡しますね」と。

良く見ると、後ろに2台へっこんでいる車がある。

3台の玉突き事故の先頭だった訳か・・・。

警察に連絡している最中に、黄色い車のハイウェイパトロールカーが交通整理を始めていた。

あ~あ、結構ガッツリ傷が付いちゃっているわ~。

3台目の車はフロント部分がベッコリ凹んで、液が滴り、自走不可能状態。

やっぱり車間距離はしっかり取らないといけないわな。

小1時間、相手や警察とやり取りをして、出発。

幸いケガ人は居なかったので良かった!

2月29日(土)ディーラーに入庫

ディーラーには事前に連絡を入れていたので、スムーズに入庫。

そして相手の保険屋さんが手配してくれていた代車が現行型C350eのセダン。

多分2週間ぐらいの辛抱だから代車はベンツでなくても良かったのだが、保険屋さんが「Cクラスでもいいですか?」と言ってくれたので快諾してみたら、350eがきた。

運転してみると、出だしはハイブリットのモーターが動き、その後にエンジンのトルクが伝わってくる感じなので、出だしはビューン!って感じ。

アクセルワークに慣れるのに時間がかかってしまった。

また、ブレーキをした際には発電エネルギーを回収し、止まる直前でブレーキだけになるので、カックンブレーキになりがち・・・。

これも慣れるのに時間がかかってしまった。

乗り比べてみないと分からないものだが、やっぱりEクラスの方が、シートやサスペンションのしなやかさはEクラスの方が上だった。

その他は違いが分からなかった・・・。

3月20日(金)修理完了

その後、ディーラーから連絡があり、修理はこれから約2週間程かかり、金額は約110万円程との事。

えっ、110万もかかるの??

なにがどうして?そんな金額になるの??

修理が終わったので見積書を見せてもらったのがこれ↓。

金額が張っているのが、

  • 【部品】バンパーカバー ¥147,400-
  • 【部品】RADARセンサー ¥110,000-
  • 【部品】リアランプL ¥58,500-
  • 【部品】リアランプL ¥52,200-
  • 【作業】AMGリアバンパーカバーペイト ¥67,450-
  • 【作業】リアゲートペイント ¥117,800-
  • 【作業】ルーフライニング脱着 ¥60,800-

これだけで、¥614,150-にもなる。

あとは細々とした費用。

バンパー自体はペイント含めて¥200,000-ちょっともするのか。

今回は相手方の保険ですべて支払われるが、これが自分でぶつけたとなると、ゾッとする金額。

ぶつけないように気を付けて運転しないと!

【ドライ部】オッ3の旅:三重・和歌山ドライブ(最終日/3日間)

2020.02.24