【温泉部】白馬八方温泉 おびなたの湯(長野県)

白馬八方温泉 おびなたの湯(長野県)

白馬にある強アルカリ性単純温泉の「おびなたの湯」に行ってきた。

ここは「PH11.2」とかなりな強アルカリ性なので、一度は来てみたかった温泉。

強アルカリ性の温泉は「美肌の湯」と言われるらしい。

確かに山梨県の「天恵泉」や「 やまとふれあいやすらぎセンター 」に入った後は肌がトゥルントゥルンになる。

ここの温泉に向かう道を進むと、いきなり林の中の狭い道になる。

本当にこっちで合っているのか?と思い車を進めていると、林から抜けたところに「おびなたの湯」のノボリが見えた。

この小川、雪解け水なのだろうか、結構な水量。

小川にかかる橋を渡り、「男湯」のノレンをくぐると、すぐに脱衣所。

脱衣所のガラス扉の向こう側に外湯が丸見え。

もっと広い施設を想像していたのだが、かなりこじんまりとしていた。

本当にこの外湯だけ。

しかもなぜか外国人が2組いた。

この温泉に来るまでに「白馬駅」の前を通ってくるのだが、なぜか外人さんが多かった。

白馬は外人に人気なのだろうか。

早速、お湯に浸かる。

温度はちょうどよい41℃~42℃といったところか。

ナトリウムイオンが多いのでトロトロしているかなと思ったが、そこまでトロトロ感はなかった。

やはり強アルカリ性なので、お湯の中で肌を摩るとキュッキュする。

天気も良くお湯の温度も良いので、ボーっとしながら温泉を楽しむことが出来る。

ここは本当にお湯を楽しみに来るところだろう。

そして、お風呂から上がってトゥルントゥルン感チェック!

お~~~~~、特に爪がトゥルントゥルン!

いろんな温泉に入っているのも影響していると思うが、やっぱりここに入った後のお肌のツルツル感は違う!

何度も来たいが、さすがに白馬までは簡単に来れないのが残念。

■お湯

強アルカリ性の源泉かけ流しで文句なし!

■施設

外湯の1ヵ所のみ。

「男湯」のノレンをくぐったら、すぐに脱衣所と外湯がある。

■営業時間・料金

営業時間:夏期 9:00~18:00(受付は~17:30)

     冬期 10:00~17:00(受付は~16:00)

料金:大人¥600-

GakiLifeの勝手な評価

名前おびなたの湯
施設日帰り温泉施設
分類是非また行きたい。
行った日2019/06/02
場所長野県北安曇郡白馬村大字北城八方9346−1
泉質高アルカリ性温泉
泉色透明
PH11.2
良い点青空の下でお肌ツルツル!
おすすめ度(満点:★5つ)★★★★★

納車後、初の温泉ドライブ(2日目)

2019.06.01