【IT部】トレード用PCの各種設定

【IT部】Lenovo Legion Tower 5i Gen 8の設置

2024.02.03

PCとモニターの仕様

PC・モニターの設置が完了したので、PCの中身のセッティングをしないとだ。

ちなみに、今回、購入したトレード用PCの仕様は↓。

もはや、トレード用としてはオーバースペックで、ゲーム用PCと言った方が良い気がするが・・・。

PC

  • メーカー:Lenovo Legion Tower 5i Gen 8
  • OS:Windows 11 Home 64bit
  • Officeソフト:なし
  • CPU:インテル® Core™ i7-14700KF プロセッサー(Eコア 最大 4.30GHz Pコア 最大 5.50GHz)
  • メモリ:32 GB DDR5-5600MHz (UDIMM) (2 x 16 GB)
  • マザーボード:RPL R B660
  • グラフィックボード:NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti 8GB GDDR6
  • ストレージ:1TB SSD M.2 2280 PCIe-NVMe Gen4 Performance TLC
  • 無線LAN:Wi-Fi 6E対応(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n準拠)2×2 & Bluetooth
  • 電源アダプター:850W
  • 空冷ファン:150W、120mm 標準空冷式、背面×1、前面×2、ARGB
  • CPU VRM ヒートシンク:あり
  • M.2 SSD ヒートシンク:あり(×2)
  • PCH ヒートシンク:あり

モニター(2台)

  • メーカー:IODATA EX-GCU271HXAB
  • パネル:TFT27型ワイド/AHVA
  • 解像度:3840×2160(4K)
  • 応答速度:1ms(GTG)
  • 最大リフレッシュレート:160Hz
  • HDR:DisplayHDR 400
  • 映像入力端子:HDMI1(160Hz対応)、HDMI2(120Hz対応)、DisplayPort×1、
    USB-C×1
  • 音声入出力:マイク入力、2W+2W(ステレオ)、ステレオミニジャック

OS・基本アプリの設定

PCとモニターの設置が完了したので、OSの更新プログラムや各種ドライバーの更新を行う。

まずはWiondowsのUPDATEをしてと。

次は、LenovoのPCは「Lenovo Vantage」がインストールされているので、これを使って一気にUP DATEをしてと。

システムのUPDATEはすぐに終わったので次は電源の設定でもしておく。

電気代は特に気にしないので、「パフォーマンス・モード」を選択。

その後に、トレードで必要なアプリやゲームをインストール。

Officeソフト(Excel、Office、PPTなど)

以前、「Officeソフト」のライセンスを購入しており、PC2台までインストール可能なので、これを使えば良いかと思っていたが・・・。

よくよく見てみたら、「Office2013」ですでにサポート切れ。

あっちゃ~、ダメだこりゃ。

色々と調べても、今更、「Office2013」はダウンロードできず、今のバージョンのOffice2021をダウンロードしても、「Office2013」のライセンスじゃ認証しないだろうし。

今年には「Office2024」が発売されるらしく、今の時期に2026年10月13日にサポート切れとなる「Office2021」を買う気にはなれない。

サブスクリプションの「Office365」は毎月支払いが発生するので、買いたくないな。

ん~こりゃ、参ったわ。

色々と考えた結果、「Office2024」が発売されるまでは、「Office365」を使うしかない・・・。

数ヵ月の間は、サブスクに入りますかな。

1ヵ月は無料らしいので、早速、「Microsoft 365 Personal」(月額 ¥1,490-)を購入。

手続きを終えて分かった事・・・、1ヵ月、無料になっていない!

調べてみると、すでに「Office2013」を使っていたので、無料にはならないとの事。

この無料は、アカウントが無い人向けとの事、書いておけよ~!

モニターの設定

配線をしてPCの電源を入れたら、普通にモニターが使えていたので忘れていたが、モニターのセッティングを確認しないと。

モニターの仕様をPC側がしっかりと認識しているので、特にイジル必要はなさそうだ。

↑こちらはモニター1のメインの設定。

ちゃんと「3,840×2,160」の4Kでリフレッシュレートは「160Hz」となっているのでOK。

↑こちらはモニター2の設定。

こちらも「3,840×2,160」の4Kでリフレッシュレートは「160Hz」となっているのでOK。

あとはグラフィックの設定を確認。

ゲームをやるときにCPUの負荷を軽くしてグラフィックボードに負荷を分散する「ハードウェアアクセラレータ」がONになっていることを確認。

電源の設定

ライブ配信はやらないのであまり必要ないが、念の為、「内蔵型キャプチャボード」の電源をOFFにする。

キーボードの設定

キーボードとマウスは家にあった物を使えばいいやと考えていたが・・・。

家にあったLenovoのフルサイズのキーボード↓。

久しぶりにフルサイズのキーボードを使ってみると、なんだかしっくりこないし、ミスタイプが多い。

家でも会社でもノートPCで入力しているので、キーボードの中心辺りに両手を置いてタイピングするが、フルサイズだと右側にテンキーがあるので左に寄った形でタイピングするのが、なんか違和感・・・。

マウスはなんでも良いが、キーボードはこの際だから新しくするか。

デザイン重視でテンキーがないミニサイズの物で探してみたら、logicoolに良いのがあった!

created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥16,760 (2024/02/20 23:01:26時点 Amazon調べ-詳細)

色合いとデザインがいいな!

Bluetooth接続と2.4GHzのUSBレシーバー(別売り)のどちらにも対応している。

Bluetooth接続の場合は、パソコンのOSが起動しないとBluetoothが有効にならないので、BIOS設定画面では使えないらしい。

BIOS設定は使う事はほどんどないが、いざとなった時に使えないのは困るな。

あと、マウスのBluetooth接続の物を使っていた時があるが、使っていないと接続は切れて、使始めた時の遅延が気に入らず投げ捨てた事があったので、迷わず2.4GHzのUSBレシーバーも購入。

created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥1,110 (2024/02/21 11:15:11時点 Amazon調べ-詳細)

あと、前から欲しいと思っていたテンキー。

安くて良さげなのは無いかな?と探してみると、なかなか良いものがあった。

created by Rinker
iClever
¥2,199 (2024/02/21 11:15:11時点 Amazon調べ-詳細)

Bluetooth接続と2.4GHzのUSBレシーバーのどちらもあるが、こちらも迷わず2.4GHzのUSBレシーバーのタイプを購入。

logicoolのUSBレシーバーをPCに差し込んですぐにドライバがダウンロードされて、ペアリング完了。

出てきた画面は「enter」キーが小さいので、Mac用のキーボードだ。

あとはファンクションキーが使えるように設定を変更して完了。

テンキーはUSBレシーバーをPCに差し込んで完了。

このキーボード、重さ、質感、打ち込んだ感じ、どれも最高!

意味もなくタイピングしたくなる程。

Lenovoのキーボードとは比べ物にならいわ。

これは買って正解!

グラフィックボードの設定

グラフィックボードの設定はデフォルトの状態だと、グラフィックボードの性能を十分に発揮しないようなので、こちらも設定を変更。

NAVIDIAのコントールパネルを開いて、「3D設定の管理」を選択。

フレームレートを優先する為に「アンチエイジング-ガンマ修正」を「オフ」にする。

こちらもフレームレートを優先する為に「低遅延モード」を「オフ」。

「優先的に使用するリフレッシュレート」は念の為「利用可能な最高値」に変更。

垂直同期」は「オフ」。

電源のパフォーマンスを最高にするために「電源管理モード」を「パフォーマンス最大化を優先」に変更。

このぐらいでいいかな。

普段のように使ってみる。

各種設定はこのぐらいで良いだろう。

トレードの画面を開いてみると、今までとはかなり違う!

色合いがハッキリしているし、値動きの表示がキビキビしている。

これでは、ガゼン、やる気が出てくるな!

トレード用の画面以外にもWebを見るスペースもあり、かなり良い!

ついでに、トレード用の画面を開きながら、いつものゲームをやってみる。

メインのモニターにゲームを全画面表示して、もう1枚のモニターにトレード用の画面を表示。

画面の設定を「最高」にしてみる。

ちなみに、ノートPCで遊んでいた時は「低」の設定だったので、すべてに時間がかかっており、プレイ中に固まる時もあった。

今までのノートPCとは比べ物にならないぐらいサクサク動く!

しかも、画面は奇麗だし動きが早い。

船の周りにイルカが跳ねているのなんてノートPCでは分からなかったな。

メモリーは32GBなので、トレードとゲームを同時にやっても全然平気。

ゲームをやっている時のグラフィックボードの稼働率は100%。

温度は70℃ぐらいにまで上昇する。

PCのファンはウオンウオンと回っており、PCの強化ガラスの部分は少し熱くなっている。

稼働率が100%でも、プレイ中に固まる事はなく、すべてがサクサクと動くのが気持ちいい!

しかし、メモリ32GBはちょっとやりすぎだったかな・・・。

ま~いいか。

このPC環境でトレード爆益じゃ!