【IT部】IODATA EX-GCU271HXAB(2台)の仮設置

【IT部】IODATA EX-GCU271HXAB(2台)の開封儀式

2024.01.28

トレード用モニターの仮設置

トレード用モニターとして購入した「IODATA EX-GCU271HXAB」2台が納品されたが、肝心のデスクトップPCはまだ来ない。

なので、今あるノートPCにつないでみよう!

created by Rinker
アイ・オー・データ
¥89,800 (2024/02/21 10:42:18時点 Amazon調べ-詳細)

今使っているノートPCの仕様は↓。

  • Lenovo ThinkPad X1 Carbon 6G
  • Windows 11 Home 64bit – 日本語版
  • CPU インテル Core i7-8550U プロセッサー (1.80GHz, 8MB)
  • 内蔵グラフィックス インテル UHD グラフィックス 620
  • メモリー 16GB LPDDR3 2133MHz Soldered
  • SSD 512GB (M.2 2280, PCIe) OPAL対応
  • 14.0型WQHD液晶 (2560×1440 IPS 500nit) 光沢あり
  • USB-C USB3.1 x 2 (Thunderbolt3、Video-out 機能付き)
  • USB-A USB3.0 x 2
  • HDMI 2.0

ウルトラドッキングステーションの仕様は↓。

  • USB 3.1 gen2 (10Gbps) x 4, 1* always-on USB 充電器
  • USB-C ポート (10Gbps, 5V 3A 電源) x 2
  • 10/1000 ギガビット・イーサネット
  • DisplayPort 1.4 x 2 4096*2160@60Hz
  • HDMI 2.0 4096*2160@60Hz
  • VGA 2048*1536@85Hz

ノートPCだけでは2台のモニターを接続できないので、ウルトラドッキングステーションを利用して2台を接続してみる。

まずは1台目。

これは今と同じ状況。

「Lenovo ThinkVision T27p-10」のモニターが「IODATA EX-GCU271HXAB」のモニターに変わっただけ。

だけど、「DisplayHDR 400」対応している為か、明るいな。

画面が明るすぎて、iPhoneで写真を撮ると色合いが変になってしまう。

そして2台目を接続。

まだ、ディスプレイの設定をイジっていな状況だけど、左側の解像度が低い。

右側のモニターは1枚のモニターを4分割してWebを表示させても問題なく見れるが、左側のモニターは大きすぎて見づらい。

モニターの設定画面を見てみる。

「1」はノートPCのモニターで、「2,560×1,440」のWQHD。

リフレッシュレートは、60HZ。

右側のモニターは、「3,840×2,160」の4K。

リフレッシュレートは、60Hz出ている。

そして、左側のモニターは「2,048×1,152」の「QWXGA」という解像度になっている。

リフレッシュレートは、60Hz出ている。

これは内蔵グラフィックスの「インテル UHD グラフィックス 620」ではこれが限界なんだろう。

以前、「Intel 製品仕様検索ページ:https://ark.intel.com/content/www/jp/ja/ark.html」で調べた資料を見ると「ディスプレイ:3」となっているので、3枚まではモニターを接続できるが、4Kモニターを3枚は無理なんだろうな。

一応、内臓グラフィックのパフォーマンスを見てみる。

4Kモニターを2枚接続した時の内臓グラフィックの使用率は、15%程。

余力はあるように思えるが、4Kモニター2枚は無理なのか・・・。

この状態で、ゲームをやってみよう!

いつも遊んでいる「World of Warships」をやってみる。

このゲーム自体の「グラフィック」を見てみると、「低」になっている。

この状態でプレイしてみた時の内臓グラフィックのパフォーマンス。

内臓グラフィックの使用率は「100%」!

そりゃそうだよね、内臓グラフィックで頑張っているもんね。

デスクトップPCが来たら、どんな画像になるのかが楽しみだ!

【IT部】Lenovo Legion Tower 5i Gen 8の開封儀式

2024.02.03