【グルメB級部】佐藤養助 総本店(秋田県)

佐藤養助 総本店(秋田県)

日本三大うどんの一つの稲庭うどん、稲庭うどんと言えば「佐藤養助」なのでその総本店に行ってきた。

今は合併して「湯沢町」となっているが、昔は「稲庭町」で有名だったから「稲庭うどん」と。

その製法は、普通のうどんと違うところは、「手綯(てない)」という手で縄を編むようにスリスリする工程があるという。

この工程がある為、細くてもコシがある麺が出来上がるらしい。

食事は11:00からOPENだが、早めに着いたのでお店の中でも見学してみることに。

この日は日曜日ということもあり、工場はお休み。

食事処を見てみると、11:00前だというのに食べている人が居る。

えっ?

よくよく食事処の入り口を見てみると、「今日は10:00~OPENです」と。

早く言ってよ~。

知っていれば10:00に来れたのに~。

中に入ると家族連れやバイカーなどで半分ぐらいの席は埋まっていた。

メニューをみると色々なバリエーションがある。

蕎麦も食べる時に思うのだが、天ぷらって必要かな?

純粋に麺を楽しみたいと思うので、天ぷらセットは却下!

付けダレもゴマとかある。

そんなのはいらん!

麺を楽しみたいのだ!

なので「せいろしょうゆ」を頼んだ。

「せいろしょうゆ」も2種類あって、普通のと2段というのがあった。

麺が2倍との事だが、麺の追加は後からでも出来るとというので、普通を注文。

きたきた!!

これが食べたくてここまで来たのだ!

麺が輝いていて芸術品みたいだ!

しかもイブリガッコ付きときた。

まずは一口、お~~~こんなに細くてもコシがある。

稲庭うどんはノド越しが命と聞くので、試しに噛まずに飲んでみた。

っが、出来る訳がない!

むせ返ってホッシャンみないに鼻から麺が出そうになってわ。

一口食べてみて、こりゃ足らんわ!っと思ったので追加で2玉を注文。

そしたらすぐに出てきた!

追加注文の時は早いのね、そりゃそうだわ。

薬味をちょっとづつ加えながら、ズルズルと食べる。

これ、ほんとにいっくらでも食べれる。

うどんというよりは蕎麦に近いが、蕎麦よりもツルツルしているので食が進む進ススムクン。

あっちゅう間に4玉がなくなってしまった。

本気でもう2玉追加しようかと思ったが、ちょっとお腹が膨れてきたので、4玉でストップ。

お会計の時、レジの横に乾麺のカス?が袋詰めされており、ご自由にお持ちくださいと書かれている。

どのようにして食べるのか聞いてみると、マカロニと同じ感じで料理してくださいと。

ん~持って帰ってもしょうがないのでそのまま眺める事にした。

総本店の味は分かったので、今度は都内のお店に行ってみよっ。

【ドライ部】秋田満喫ドライブ(最終日/3日間)

2019.08.04