【ドライ部】能登半島のパワースポットへGO!

あっ!能登半島に行きたい!

最近、パワーが足りてない!

意味もなくパワー不足を感じてしまったので、これはパワースポットに行ってパワーをもらってこないといけない。うんうん。

ここは前に一度来たことがあるが、日本三大パワースポットの一つと言われている聖域の岬「珠洲岬(すずみさき)」。

数あるパワースポットは神社などが多いが、ここは神社でもなんでもない、単なる岬。

なんでこんなところがパワースポットなのかと言うと、良く分からない・・・。

日本三大パワースポット」というHPを見ていたら、なぜか納得してしまった。

三大パワースポットの他の2つは、富士山と長野の分杭峠というところ。

分杭峠は今でも賑わっているようで、一般車輛が近くまで行けないらしい。

長距離ドライブをしてリフレッシュもしたかったので、今回も能登半島に行ってきた。

せっかく能登半島まで行くのだから氷見や金沢に寄って来たかったが、そこまで時間はないのでパワースポットと富山ブラックに焦点を絞って行ってきた。

長距離移動の場合は夜中に高速で距離を稼ぎ、高速を降りるICの手前のサービスエリアで仮眠をする。

今回は、能登自動車道の別所岳サービスエリアまで頑張って運転して仮眠。

この時期なのに雪が舞っていた。

サービスエリアとは言え、自動販売機とトイレしかなかった。

7:00頃に起きて一路、輪島を目指して車を走らせる。

あいにくの天気で時折、雪交じりの雨が強く振付ける。

輪島について朝一を見ようと思っていたのだが、誰もいない・・・。

天気のせいだろか、時期の問題だろうか。

輪島は素通りしパワースポットを目指す。

内陸部の道を走ってもつまらないので、海沿いの道を進む。

能登と言えば、千枚田。

到着したのだが、こんな感じ。

日本海の荒波が拍車をかけて、寂しさ満点!

夏とか秋に来たら絵になる写真が撮れただろう・・・。

そのまま車を進めると、旧道の方に何かを見つけた。

ここはリサーチ不足だった。

接吻トンネルと言われているらしく、手掘りのトンネルがあるらしいのだが、車を止めて行ってみる。

なんだか空気が違う・・・。コワっ!!

結局、手堀りのトンネルまでは行く事が出来なかった。

車を走らせていると、こんな風景があった。

コンビニらしきお店なのだが、営業時間は、6:59~20:05。

なんと中途半端な営業開始と終了時間。なにか理由があるのだろう。

ようやく目的地のパワースポットについたが、人が居ない。

パワースポットなので、その場所に行けばご利益があるのかと思っていたが、ここはアミューズメント施設なのだ。

受付と書かれた建物に入ると、何やら券売機がある。

空中展望台 ¥500-、青の洞窟 ¥1,200-。

券売機を見ていると、あんちゃんが近づいてきて説明をしてくれる。

その話し方がまるでディズニーランドのスタッフの様な喋り方。

思わず笑いそうになってしまった。

せっかくここまで来たのだから、青の洞窟ぐらいは見ておこうと思い券を買う。

そうすると、さっきのあんちゃんがヘルメットを貸してくれた。

空中展望台に登る。さみ~よ!

下には「ランプの宿」が見える。寒いので空中展望台はさっさと去り、青の洞窟を目指す。

急な坂を下りると、なんだか赤いトンネルの入り口がある。

いよいよアトラクションへ入るのだ!

すると、どうでしょう~~~!

青いランプで照らされ、幻想的な洞窟と変身した「青の洞窟」が現れた。

そこはとても現実のものとは思えない場所で、上を向き自然と手を広げ、パワーを感じる事が出来た。

奥にはお賽銭箱があり、パワースポットでお賽銭を収めることで更なる収益となる。

さっきのあんちゃんが言っていたが、波打ち際にある石はパワーストーンなので持って帰って良いと。

波打ち際には、ホームセンターで売っているような白い玉砂利が適当にまかれた感じで散らばっている。

「こっ、これが噂のパワーストーンなのか!」

一人しかいないのだが、とっさに声が出てしまった。

とっさにそのパワーストーンを拾い、遠くに投げてしまった。

その後は、岬を散歩してそそくさとパワースポットを後にして、ちょっと遠回りにはなるが「のと里山海道」を走り、富山ブラックを食べに向かった。

目的地のパワースポット

能登半島の先っぽにある聖域の岬「珠洲岬(すずみさき)」。

本当かどうかは分からないが、日本三大パワースポットの一つ。

ただ、能登半島の先っぽに位置するので、パワーをもらえなくてもドライブの目的地としてはいい。

信じるか信じないかはあなた次第!

受付の建物の裏には、立派な白い建物(オーナーのご自宅?)が建っているのは見てはいけない。

今回のB級グルメ

せっかく富山まで来たのだから、海の幸や金沢まで足を延ばしたかったが、時間の制約があるので本場の富山ブラックを食べることにした。

色々と調べていると、無添加で老舗というキーワードに惹かれて「万里」というお店をチョイス。

【グルメB級部】富山ブラック 万里(富山)

2018.03.17

今回のルート

出発時間2018/3/16 19:00
帰宅時間2018/3/18 02:00
走行距離1,274km
ガソリン138.57L
燃費9.19km/L

地図上のB点:「珠洲岬(すずみさき)」

地図上のC点:富山ブラックラーメン「万里